シーバスの特徴

【分布】日本各地 【地方名】スズキ、セイゴ、フッコ、ハネ、マダカ
【全長】20〜60cm(100cmオーバーも狙うチャンスあり魅力的なターゲットです)
【釣りシーズン】通年
【釣り場】 堤防、護岸、磯場、サーフ等

icon

シーバスは、日本の沿岸部に広く生息しています。

スズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキなどススキ目スズキ科に属する魚で出世魚としても知られています。

セイゴ(5cm)、フッコ(25cm)などと呼ばれ、ブラックバスに似たゲーム性の高さからシーバス(海のバス)と呼ばれています。

全長が60cmを超えるものを一般的にスズキと言っているようです。

時には、100cmオーバーも狙え引き味は強烈!多くのアングラーを魅了しているターゲットです。

通称「シーバスフィッシング」と呼ばれる人気のある海のルアーフィッシングです。

日本各地には、このシーバスの他にヒラスズキ、タイリクスズキが生息しています。

いずれもシーバス(スズキ)の仲間ですが、それぞれに特徴があるため、そのままの名称で呼ばれています。

シーバス(スズキ)と同じタックルで狙えるターゲットですので、覚えておくと良いと思います。

シーバスのシーズンは、1年を通してルアーフィッシングを楽しめますが、エサとなるベイトのシーズンが重なる春と秋がベストシーズンになります。

地域によりこの限りではありませんが、12月~1月頃に沖で産卵期を迎えるため、沿岸部の固体数は、少なくなり陸っぱりで狙いにくくなります。

2月頃になると沖で産卵を終えたシーバスが沿岸部へ戻ってくる季節になります。

冬の河口や漁港は、シーバスのエサとなるベイトが少なく行動範囲は、限られたものになります。

水温の高い場所に居つくシーバスを探しながらの釣りになると思います。

この季節のシーバスは、少し難しい釣りになると思います。

春になると沿岸部の河口で稚アユやシラウオの遡上が見られ、エサとなるベイトが多くなるにつれて、シーバスの活動範囲も広がりシーバスフィッシングのベストシーズンを迎えます。

初夏を迎える頃になると沖合いから回遊性のアジなどが沿岸部に入ってきます。

この小魚の群れを追って沖合いからシーバスの群れも入ってきます。

アジの回遊がある漁港や堤防などからシーバスや青物を狙うアングラーを見かけるようになります。

表層回遊魚が沿岸に定着する秋になるとシーバスのベストシーズンが始まります。

初冬頃までシーズンが続きますので、初心者の入門にもおすすめしたい季節です。

シーバスフィッシングは、港湾部、河口、サーフ、磯などシーズンにより、ロケーションが異なることもありますが、沿岸部から狙えるルアーフィッシングのターゲットとして、根強い人気があるルアーフィッシングです。

あなたに最適なタックルを商品検索エンジンで探してみよう!!

初めての方でもOK!白熱できるシーバスフィッシング入門
icon


当サイトはブログランキングに参加しています。

本ブログを応援してくださる方は下記のバナーをクリックお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

Menu

HOME

TOP