シーバスの攻略

シーバスのポイントは、漁港、港湾部、河口部、サーフ、磯など全国の沿岸部全域がポイントと言って良いほど広く、まずは、入門に最適な漁港や港湾部など足元のしっかりした場所からシーバスフィッシングを始めると良いと思います。

漁港、港湾部、河口付近に外洋に向く堤防があるポイントは、シーバスのベイトも集まりやすく好ポイント!

夜釣りの場合

シーバスのポイント常夜灯がある漁港や港湾部がおすすめ。

特に潮通しの良い堤防の先端を常夜灯の明かりが照らす堤防があれば、シーバスの一級ポイントです。

常夜灯の明かりに集まるベイトを常夜灯の外(暗がり)から狙うシーバスがいる確率が高くなります。

常夜灯がある港湾部や漁港、河川の河口、明かりが照らす橋の下などがシーバスのポイントです。

昼間の釣りの場合

シーバスのポイント

潮通しの良い堤防の先端や護岸付近の潮目を狙うと回遊性のベイトを追いかけるシーバスに出会う確率が高くなります。

回遊性のアジなどを外洋から追って港湾内に入って来たシーバスの大群に出会うこともあり、おすすめしたいポイントです。

漁港内であれば、船の周りなどシェード(影)となる場所にシーバスが潜んでいることもありますので、船に引っ掛けないようルアーを通して、シーバスが潜んでないかチェックしましょう。

また、漁港や港湾部には、排水口など水の流れがあるポイントがあると思います。

水が流れる場所は、シーバスのエサとなる小魚などのベイトが集まりやすいポイントです。ここもチェックしましょう。

河口付近は、遡上する稚アユやボラの幼魚などシーバスのベイトとなる小魚が集まりやすいポイントになります。

流のヨレなどにシーバスが潜んでいることも多いので、狙うと良いポイントです。

あなたに最適なタックルを商品検索エンジンで探してみよう!!

初めての方でもOK!白熱できるシーバスフィッシング入門
icon


当サイトはブログランキングに参加しています。

本ブログを応援してくださる方は下記のバナーをクリックお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

Menu

HOME

TOP