シーバスの戦略

春のシーズン攻略法

産卵を終えたシーバスは、体力を回復するため、ベイトが豊富な漁港や河口へ集まります。

ベイトは、川へ遡上する稚アユが代表的なベイトになります。特に川の河口が有望なポイントです。

ルアーは、稚アユを意識したプラグなどを使い攻略すると効果的な釣果が望めると思います。

春におすすめのルアーをご紹介

Rapala(ラパラ) フラットラップ
icon
ラパラ伝統の「弱った小魚」アクションに加え、フラッシング効果を最大限に引き出すベイトライクなローリングアクション。

ジャクソン(Jackson) にょろにょろ
icon
バチ抜け対策ルアーとしては代名詞。デビュー以来、バチ抜けルアーとして結果を出し続けてきた「にょろにょろ」。その不思議な生命感と唯一無二のポテンシャルは、バス、トラウト、メバルなどジャンルの垣根を越えて活躍の場を広げている。

夏のシーズン攻略法

水温上昇に伴い、水中酸素が減少することで釣りにくくなるシーズン。

シーバスの釣れるポイントは、限られてきますが、過しやすいポイントにシーバスが集まる傾向があります。

シーバスの溜まり場を探し出すことで数釣りが狙えるシーズンでもあると思いますので、ラン&ガン(ターゲットを狙うために次々と釣り場を攻めていく)で有望なポイントを見つけ攻略しましょう♪

夏におすすめのルアーをご紹介
メジャークラフト ジグパラ
icon
キング・オブ・スタンダードジグ。その日の第1投目から最後の1投まで100%の信頼感でキャストできるド定番ジグ。

マリア(Maria) スピンシャイナー
icon
港湾エリア、河口やサーフなどデイゲームで多用されることが増えたテールスピンジグ。スピンシャイナーはテールスピンジグにありがちな糸絡みなどのトラブルを回避し、「ストレスなく使用できるもの」をコンセプトに開発。

秋のシーズン攻略法

シーバスのベストシーズンである秋は、大型のシーバスが狙える時期です。

メーターオーバの実績も数多くあり釣りやすい時期になります。

捕食しているベイト(サヨリ、イワシ、落ちアユなど)の行動パターンを考えたルアーを選ぶと良い釣果に繋がると思います。

秋におすすめのルアーをご紹介
Rapala(ラパラ) BMC(ビーエムシー) 100F
icon
リップを持たないペンシルでありながらリトリーブすればミノーのようにスイミングさせることも可能。トゥイッチやジャークでトップウォーター的に使うも良し、シャローエリアをナチュラルにスイミングさせるも良し、使い手のテクニック次第でどんな演出もこなしてしまうスーパーベイト。6月鮎解禁から秋の落ち鮎シーズンまで。

バスデイ RANGE VIB(レンジバイブ)
icon
難しい操作もいらず、スティディリトリーブ(ただひたすら巻くこと)でシーバスから青物まで独自の動きで魅了する、港湾・河口・サーフの定番ルアー。独創のナイフエッジ構造による生命感豊かなヒラヒラバイブレーション。軽快な操作性と抜群の飛距離。バイブの常識を覆すユーテリティルアーです。

あなたに最適なタックルを商品検索エンジンで探してみよう!!

初めての方でもOK!白熱できるシーバスフィッシング入門
icon


当サイトはブログランキングに参加しています。

本ブログを応援してくださる方は下記のバナーをクリックお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

Menu

HOME

TOP