メバルの特徴

【分布】北海道中部以南 【地方名】クロメバル、メバリ、メマル、メバチ、メチハ(春告魚とも呼ばれている)
【全長】20〜30cm
【特徴】夜行性(夕方から日の出までの夜釣りがベストな時間帯)
【釣りシーズン】晩秋~春
【釣り場】 堤防、護岸、磯場、ゴロタサーフ等

icon

目が大きく、目を張るような印象がメバルの名前の由来と言われています。

春告魚と呼ばれ釣りシーズンは、一般的に晩秋から春と言われ型狙いも数釣りも楽しめるシーズンです。

このメバルをターゲットにしたルアーフィッシングをメバリングと言っています。

平均して15cm~20cmのメバルの数釣りを楽しむ事ができます。

稀に30cmを超える大物が釣れることがあり強烈な引き味でアングラーを魅了しています。

メバルは、根魚に数えられる魚ですが、夜行性が強く、夕まずめから日の出までが狙う時間帯です。

常夜灯の下は、夜中メバルの活性が高く数釣りを楽しむことができると思います。

「メバル凪」という言葉があるように凪の日(波の無い穏やかな海の日)は、メバルは表層で活発的にベイトを捕食します。

「メバル凪」の日は、メバルの数釣りが期待できます。

海が荒れる日は、テトラなどに非難してしまうため釣ることが難しくなるでしょう。

入門に最適なソルトルアーフィッシングのターゲットがメバルです。

まずは、漁港など足場のしっかりしたポイントでメバルをターゲットにしたメバリングを始めてみましょう!

あなたに最適なタックルを商品検索エンジンで探してみよう!!

釣って楽しい!食べて美味しい!ライトタックルで狙うロックフィッシュ!
icon


当サイトはブログランキングに参加しています。

本ブログを応援してくださる方は下記のバナーをクリックお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

Menu

HOME

TOP