メバルの行動

■目次

 ▶昼間と夜のメバリングのポイント
 ▶メバルの行動(昼間)
 ▶メバルの行動(夜間)

■昼間と夜のメバリングのポイント

この限りではないと思いますが、メバルの行動から昼間と夜のメバリングのポイントを書き出してみたいと思います。

メバルの行動

 ▶目次にもどる

■メバルの行動(昼間)

警戒心の強いメバルは、消波ブロックや石積み護岸等の障害物の影や隙間に昼間は潜んでいます。

ルアーでメバル狙う際は、これらの障害物の隙間や影のポイントを狙うと効果的です。

大型のメバルほど、警戒心が強くなりますので、メバル用カブラやジグなどのルアーを使いメバルが潜むポイントをランガンしてメバルを探る釣りが釣果を伸ばすコツと思います。

また、ルアーのアクションは、ワームなどのゆっくりとした動きは、警戒心が強いメバルは、ルアーにスレることも早く思うように釣れないことが多いようです。

障害物の影などの足元のポイントへアイスジグを落とし込み、メバルの目の前で早いルアーアクションで誘いをかけ思わず食わせるルアー釣りにメバルの釣果実績が多いようです。

【 Jigging Rap(ジギングラップ) 】 の使い方についてはリンク先の動画にてご確認ください!
icon
icon
icon

日中の時間帯のメバリングは、初心者には、難しい釣りになると思います。

まずは、メバルの行動が活発になる夕マズメや朝マズメのタイミングを狙うと良い釣果につながると思います。

 ▶目次にもどる

■メバルの行動(夜間)

夜になると夜行性のメバルは、消波ブロックの影や隙間から出て積極的にベイトなどの小魚を広範囲で捕食するようになります。

暗くなるにつれて、中層から表層へメバルが浮いて来ます。

ポイントに着いたらまずは、表層からルアーを通して、徐々に中層~底へルアーを通すレンジを変えながらメバルを探ると効果的です。

同じレンジにメバルが溜まっていることも多いので、メバルが釣れたレンジを覚えておき、同じレンジにルアーを通すことで、短時間にメバルの数釣りとなるパターンも珍しくありません。

常夜灯の明るい場所を好んで集まりますが、薄暗い明かりでもメバルはベイトを認識できるため、常夜灯がない月明かりがさす場所もメバルのポイントになります。

しかし、暗い場所での夜釣りは危険です。

常夜灯のある足元のしっかりとした漁港などのポイントが釣りやすく安全です。

特に初心者は、無理せず、明るい場所でメバルを狙いましょう。

 ▶目次にもどる

あなたに最適なタックルを商品検索エンジンで探してみよう!!

釣って楽しい!食べて美味しい!ライトタックルで狙うロックフィッシュ!
icon

コメントを残す





当サイトはブログランキングに参加しています。

本ブログを応援してくださる方は下記のバナーをクリックお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

Menu

HOME

TOP