カサゴの特徴

【分布】日本各地 【地方名】ガシラ、アラカブ、アコウ、アカメバル
【全長】20〜30cm
【特徴】昼間より夜間の方が活発に行動
【釣りシーズン】通年
【釣り場】 堤防、護岸、磯場等(波止め、シモリ、テトラ周りが狙い目)

icon

カサゴ(ガシラ)は、頭部の側面に小さいが鋭いトゲがあります。毒はありませんが素手でつかむとケガをしやすいので注意が必要です。

体色は、黒褐色から黒赤色まで棲んでいる岩礁帯により変わります。

釣れる場所は、沿岸の岩礁帯になります。普段は、岩場の影などに生息しています。

テトラなどから穴釣りなども有名ですが、縄張り意識が強い魚ですのでソフトルアーへの反応も良い魚です。

ブラックバスのタックルの流用ができますのでブラックバスのタックルをお持ちならまずは、そのタックルを流用して始めることをおすすめします。

あなたに最適なタックルを商品検索エンジンで探してみよう!!

釣って楽しい!食べて美味しい!ライトタックルで狙うロックフィッシュ!
icon


当サイトはブログランキングに参加しています。

本ブログを応援してくださる方は下記のバナーをクリックお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

Menu

HOME

TOP