エギングの仕掛け

icon

エギング人気にともなっていろいろなメーカーからエギング専用のタックルが沢山発売されています。

初期投資を抑えてエギングを始めてみたいと考えるならお手持ちのタックルをエギングに流用することをおすすめします。

エギングのタックル

シーバスフィッシング用のタックルがあれば、8〜9ftあると思いますので、エギングに流用することができると思います。

タックルの流用ができれば、PEラインとエギを数本購入することでエギングを始めることができます。

バスフィッシング用のタックルの流用を考える方もいると思います。

しかし、バスロッドの場合、通常6〜7ft前後のため、長さが不足し、エギ(餌木)の取扱いが難しくなると思います。

1万円前後のエギング用ロッドの購入をおすすめしたいと思います。

8月の中旬頃から潮通しの良い漁港などで成長したアオリイカのエギングシーズンに突入します。

秋のエギングシーズンのアオリイカは、コロッケサイズがシーズン初期は数釣りを楽しむ事ができます。

秋のコロッケサイズのアオリイカは、3号以下(2.5号が入門に最適)のエギを使用する機会が多くなります。

3.5号までのエギに対応している8〜9ft前後の感度の良いロッドの購入をおすすめしたいと思います。

春の親イカシーズンは、沖で親イカに成長した中〜大型のキロサイズのアオリイカ狙いの釣りとなります。

使うエギの大きさも3.5〜4号以上を使用する機会が多くなります。

4号以上のエギを扱うことができる腰のあるロッドが用意できると安心です。

リールは、2000〜2500番台のスピニングリール(ドラグ性能が良いもの)を用意しましょう。

エギング専用に設計されたリールならまず間違いありません。

ラインは、0.8〜1号のPEラインを150mほど巻いておけば、陸っぱりからのエギングに十分対応できます。

PEラインとエギの間には、リーダーとして1 〜2号のフロロカーボンラインを1〜1.5mほど結びます。

このリーダーとエギ(餌木)は、直結するかスナップで接続します。

その他の装備として、昼間のエギングでは、水中の様子を確認できるようにしたいので、偏光サングラスを用意しましょう。

春から初夏のシーズンは、大型のアオリイカを取り込むためのアオリイカ用ギャフを用意できると安心です。また、万一に備えライフジャケットを必ず着用して挑みましょう。


あなたに最適なタックルを商品検索エンジンで探してみよう!!


ソルトルアーフィッシングを始めるならナチュラムで便利アイテムを揃えよう!
釣果が上がる!便利アイテム大集合!

キロアップを目指せ!でかイカ一発勝負!入門編
icon


当サイトはブログランキングに参加しています。

本ブログを応援してくださる方は下記のバナーをクリックお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

Menu

HOME

TOP